■副業対策

副業対策
本気で副業! 稼ぎたくなった人へ!

 本気で収入を得るためには、知っておきたい事があります! 
 それは税金です!
 ネットで稼いだお金にも税金はかかります! 
 ツライです・・・

 副業で稼いだお金は申告しいないとばれるの?
 おそらくバレル事はないのでは。。。
 いやいや、バレル、バレないは関係なく、税金を納付するのは義務ですから。。
 ということで、少し頭に入れておいてください。

 確定申告とは?

 所得税の課税対象は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた全ての所得です 。

 その年中の所得について確定した金額を計算し、その所得金額に対する税額を算出して
 翌年の2月16日から3月15日までの間に申告することになっています。
 この申告を確定申告≠ニいいます。

 副収入での申告は?

 副収入で申告はいくら儲けた時点で、確定申告しなければならないの!?

 会社員などの給与所得者の方の場合

経費を除いた副収入が、年間20万円以下=@もしくは、
主な収入先での経費を除いた所得が、年間20万円以下=@の場合は確定申告は不要で す。

 専業主婦の場合

 必要経費を除いた所得が、38万円の基礎控除を下回っていれば、確定申告は不要です。



 ようは年間、20万円以上稼ぐことが出来れば、確定申告が必要ということかぁ〜
 ネットで年間20万円以上稼ぎたい!!
 目標は確定申告しないといけないくらい稼ぐだ!!



 会社に内緒で副業できる?

 副業(ネットビジネス)での収入にも所得税≠竍住民税≠ニいった税金がかかりますが 、会社にバレル場合住民税≠フ方に問題があります。

 住民税≠フ徴収方法には、「特別徴収」 と 「普通徴収」があります。

 普通、会社員の場合は、「特別徴収」で、
 毎年1月に会社が住んでいる市町村に、給与支払い報告書を提出、
 それを基に市町村が住民税を計算、
 市町村で計算された住民税を、毎月の給与から天引きする仕組みになっています。

 これでは、住民税の請求額が、会社での給与分とあまりにも異なってしまえば、
 会社以外に収入があるという事が、バレてしまう可能性があります。

 副業がばれたらまずい人は、住民税の徴収方法を、「普通徴収」にしましょう。

 確定申告を提出する前に、
 「住民税に関する事項」の「住民税の徴収方法の選択」の欄を「普通徴収」の方にチェック  を付けます。

 これで、会社給与の分の住民税は会社へ、
 副業の方の所得の住民税は、給与から天引きされずに、自分で分納することが出来ます。

 どちらにも印が無い場合には、特別徴収の取り扱いになるので注意して下さい。