夫婦と税(パートと税):所得税
■パート収入があるとき
 パート収入は、通常、給与所得となります。
課税される所得は、パートの年収から、給与所得控除額(最低65万円)と基礎控除(38万円)などの所得控除を差し引いた残額です。
 例えば、パート収入が120万円で所得控除が基礎控除だけの場合、課税される所得は17万円となり、所得税は1万7,000円(平成16年分については定率減税が実施されているため1万3,600円)となります。
■内職などの収入があるとき
 内職などの収入は、収入から必要経費を差し引いた残りが事業所得又は雑所得となります。
ただし、パート収入とのバランスを図るため、次のいずれにもあてはまる方については、必要経費が65万円に満たない場合は65万円(収入金額が限度です。)を必要経費として差し引くことができます。
@ 家内労働者、外交員、集金人、電力量計の検針人又は特定の方に対して継続して労務の提供をする方
A 事業所得及び雑所得の必要経費と給与所得の収入金額の合計が65万円に満たない方
 したがって、収入が内職だけの場合は、パート収入と同様に年収が103万円以下ですと所得税はかかりません。
 
■配偶者控除と配偶者特別控除
 
例:夫に所得があり、妻の収入が、パート収入のみの方の場合
 
 妻のパート収入が103万円までであれば、夫は配偶者控除(38万円)が受けられます。
 配偶者特別控除は、配偶者控除の対象ではない妻について、妻の所得によって調整されますが、最高額は38万円です。この控除はパート収入が103万円を超えて141万円未満であれば受けることができます。
 ただし、夫の合計所得が1,000万円(給与収入で約1,231万円)を超える年には受けることはできません。
配偶者のパート収入 配偶者控除額 配偶者特別控除額
103万円以下 38
103万円超   105万円未満 38
105万円以上 110万円未満 36
110万円以上 115万円未満 31
115万円以上 120万円未満 26
120万円以上 125万円未満 21
125万円以上 130万円未満 16
130万円以上 135万円未満 11
135万円以上 140万円未満 6
140万円以上 141万円未満 3
141万円以上 141万円以上
 
詳しくは、最寄りの税務相談室又は税務署にお尋ねください。