今話題の、ヌーススピリッツの驚くべき、水溶性低分子キトサンの力

サプリメントがココロに働く!徹底解剖!ー ヌーススピリッツの驚くべき「水溶性低分子キトサン」のチカラ

「気分が落ち込む」「やる気が出ない」「イライラする」・・・ストレスフルな社会で生きる現代人にとって年々身近になりつつある「ココロの不調」。それは過度なストレスで心がバランスを失ってしまうのが原因です。ウツ・キレる・不眠・パニック・・・、
あなたも近頃、メンタルバランス崩していませんか?

ヌーススピリッツの水溶性低分子キトサンならバランスを失った心に働きかけ、メンタルバランスを整えてくれる!

理由1 ダイレクトに働く「腸・脳」回路 腸から脳へ「キトサン」がダイレクトにアプローチ

最新の研究によると、腸と脳は“腸神経系(Enteric Nervous System:ENS)”と呼ばれる膨大な神経系でつながっていることが分かってきました。そして、体内にある神経伝達物質「セロトニン」も、その95%が実はこの腸でつくられています。メンタルバランスつまりココロの状態は、この「セロトニン」の放出量と大きく関係しています。ヌーススピリッツの「水溶性低分子キトサン」は、腸壁から吸収され、この腸神経系を介してセロトニンの放出を司る脳へとダイレクトにアプローチすると考えられています。
腸と脳をつなぐ神経回路

理由2 吸収&効果が違う特許キトサン 特許取得のキトサンが腸内で吸収率アップ

同じ水溶性キトサンでも、高分子のキトサンは分子が大きいため、腸壁で吸収できずに通り過ぎてしまいます。ヌーススピリッツのキトサンは「水溶性」「低分子」、しかも、もっとも腸に吸収されやすく調整された「特殊な分子量※」なので、腸壁の毛細血管からしっかり吸収され、末梢神経を刺激。その刺激(信号)が腸神経系を介して脳の中枢へと送られると考えられています。

※精神疾患の改善剤として日米特許取得!

ヌーススピリッツの原料である“特殊な分子量”の「水溶性低分子キトサン」は「こころのコントロールがとれない人に対応し、改善の効果が期待できる」として日本と米国で用途特許を取得しています。
【日本国特許 第3884611号】 
【米国特許 No.US6495142】

腸から吸収力を飛躍的に高めたヌーススピリッツの「水溶性低分子キトサン」

理由3 ナノレベルでメンタルバランス 気持ちの浮き沈みを司る「セロトニン」をコントロール

脳は送られてきた刺激(信号)に応じて、神経伝達物質「セロトニン」の適切な放出量を決定。多すぎれば少なく、少なすぎれば多く、その放出量を調整する信号を送り出すと考えられています。これによって、セロトニンが最適な量で放出されます。その結果、交感神経と副交感神経がもっともバランスのとれた状態となり、最適なメンタルバランスを実現すると考えられています。


神経伝達物質「セロトニン」放出の最適化でメンタルバランスを実現




うつ病・育児ノイローゼ・神経症・情緒不安定・自律神経失調症
摂食障害・不眠症・キレる・パニック障害・心的外傷後ストレス障害(PSTD)
強迫性障害・リストカット・不登校・引きこもり・依存症・更年期障害
自閉症・ガスがたまる・ドメスティックバイオレンス(DV)など

ヌーススピリッツは、ストレスによるメンタル面の不調はもちろん、下記に紹介するような、より深刻な症状に対するケアが行える本格的なメンタルケア用サプリメントとお考えください。高濃度で凝縮された水溶性低分子キトサン粉末をそのままカプセル化しているので、メンタルバランスの調整力が非常に優れています。一般的なメンタル系サプリメントを試してもまったくダメという方にぜひお使いいただきたい本格メンタルケアサプリメントです。

ヌーススピリッツは、国内で水揚げされた天然紅ずわい蟹のカニ殻から精製されたキトサンを使って、徹底した安全管理のもとで製造されています。原料そのものが100%天然成分なだけでなく、キトサン自体が多くの研究機関で確かな安全性が確認されているので、安心度はバツグンです。また、その安全性の高さから、いわゆる“夜泣き”のひどい赤ちゃん(乳幼児)から幼稚園児、小学校低学年のお子さんなど、小さなお子さんにも、安心して飲ませてあげることができます。

※小さなお子さんに飲ませる場合は、スピリッツのカプセルの中の粉末を溶かして飲ませてあげます。詳しい飲ませ方はこちら 

精神疾患に対する極めて優れた効果と安全性を持つヌーススピリッツは、サプリメントを活用した代替医療先進国のアメリカで、「心のコントロールのとれない人に改善効果が期待できる」として米国特許を取得していましたが、その後、日本でも米国特許と同様の特許内容で用途特許を取得しました。これにより、ヌーススピリッツは米国に続き、日本においてもメンタルヘルスサプリメントとして、より高い信頼性と安心が公的機関から認められることとなりました。

天然ハーブのサプリメントの中には、副作用や薬との飲み合わせに注意しなければならないものもあるので、本当に安心して飲めるサプリメントを選びたいものです。ヌーススピリッツは非常に優れた安全性を持つキトサンが原料なので、副作用を心配する必要はありません。また、ヌーススピリッツなら、他の薬やサプリメントとの飲み合わせも心配することなく、安心して飲用していただくことができます。

まずは、ヌーススピリッツを毎日飲みましょう。そして気分がより落ち込んでいる、または沈みがちの時には、ヌースマインドをプラスして飲んでみましょう。
また、少し症状が改善されてきたな、もしくは症状の軽い方はヌーススピリッツをヌースアイに変えてみても良いでしょう。
3つのサプリメントをうまく飲み分けること、そしてなによりもきちんと毎日飲むことで、より早い改善がみられるようです。

ご相談例をいくつか取り上げてみました。 これを参考に、あなたに合うヌースサプリメントをお選びください。
育児ノイローゼ・うつ
リストカット
ヌーススピリッツを飲みはじめてからココロの変化に気づくまでには個人差があります。飲んですぐ実感できる方もいれば、1年間飲み続けた後に実感できた方もいらっしゃいます。その理由は、これまでの食生活・ストレスの度合い・体質や習慣などの違いによるものです。身体の細胞が全て生まれ変わるのに必要な期間は3ヶ月といわれています。この期間をあせらずしっかりお飲みいただくと、ほとんどの方が変化を実感できると思います。ライトスタッフも応援しますので、まずは3ヶ月間、あきらめずに飲み続けてみてください。ヌーススピリッツを飲みはじめてからココロの変化に気づくまでには個人差があります。飲んですぐ実感できる方もいれば、1年間飲み続けた後に実感できた方もいらっしゃいます。その理由は、これまでの食生活・ストレスの度合い・体質や習慣などの違いによるものです。身体の細胞が全て生まれ変わるのに必要な期間は3ヶ月といわれています。この期間をあせらずしっかりお飲みいただくと、ほとんどの方が変化を実感できると思います。ライトスタッフも応援しますので、まずは3ヶ月間、あきらめずに飲み続けてみてください。まずは朝2カプセル?、晩2カプセル?、1日4?9カプセルからスタートして、ヌーススピリッツの飲用を日々の習慣にしていきましょう。調子が悪い方は、飲む量を増やすのもおすすめです(例えば朝昼晩3カプセルずつなど)。飲む量が増えれば増えるほど、変化を感じやすくなります。ストレスを多く感じた日は、特に多めに飲みましょう。医薬品ではなく、食品なので飲みすぎによる弊害もなく安心してお飲みいただけます。調子が安定してきたら量を減らしても良いでしょう。
ストレスの原因は、人間関係、住環境、食生活など色々ありますが、今すぐストレスをなくすことは困難ですよね。しかし今すぐにでも自分自身で変えられるものは食事です。スピリッツは腸内環境を整えることで、精神状態に働きかけますので、飲用中に腸内環境を悪化させるジャンクフードや加工食品を食べ続けていると、十分な働きが得られません。また、ジュース類やお菓子などの甘いものは血糖値を急激に上昇・下降させ、脳へダイレクトな影響を与えます。ヌーススピリッツの飲用中はできるだけ控えるようにしましょう。おすすめは野菜中心の日本の伝統食です。ヌーススピリッツは飲みあわせの心配がなく、現在服用中のお薬や他のサプリメントと併用しても大丈夫です。もし、お薬をやめたい場合は、急にやめず様子を見ながら徐々に減らしてください。何事もあせらず、時間をかけて少しずつ。実はこれが一番の近道なのです。
60℃くらいに温めたお湯30ccにスピリッツのカプセルを外した粉末を入れ、2〜3分ほどよくかき混ぜます(粒数は適量でOKです。濃くつくりたい場合は多めに)。それを3〜4分置いた後、再度溶けるまでしっかり混ぜるとスピリッツ水溶液ができます。そのままスプーンで食べ物や飲み物に混ぜてください。

毎日、家族に定期的に飲んでもらいたい場合は、やはり飲み物が一番手軽でしょう。キトサン水溶液を100%オレンジジュースやグレープフルーツジュースなど、酸味のきいた柑橘系の飲み物に混ぜれば、味や見た目はまず分かりません。また、青汁など濃いめの野菜ジュースや濃いコーヒーなど後口の濃い飲み物、酸味の強いヨーグルトなどもおすすめです。
「ウチの家族は飲み物は飲まない」あるいは「水しか飲まない」という場合は、キトサン水溶液をカレーのルーやマーボー豆腐など、味の強いとろみのある食べ物に混ぜるのがおすすめです。例えば、1人分のカレールーやおかずの中にスピリッツ水溶液を軽く混ぜると、辛味ととろみでスピリッツ(キトサン)の渋みを感じることはほとんどありません。その他、ラーメンスープや味噌汁などに混ぜるのもおすすめです。